生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【老後資金作り】誰でも利用できるようになった個人型確定拠出年金

ライフステージごとの保険相談

【老後資金作り】誰でも利用できるようになった個人型確定拠出年金


asian businesswoman on white background

 

主婦(国民年金第3号被保険者)と公務員は加入できませんでした!!
2017年1月から誰でも加入でき老後資金作りに有利な制度です!!


 

 

確定拠出年金

確定拠出年金(DC:Defined Contribution Plan)は、私的年金の一つで、現役時代(60歳まで)に確定した掛金を納め(拠出と言います)、加入者が自分で運用(加入する金融会社、保険会社、証券会社などに指示)して損益を老後の年金あるいは一時金として受給します。

掛金(拠出)が決まっていて運用で年金額が変わるので確定拠出年金と呼ばれます。

公的年金は受給する年金額が決まっている(年金の名目額が決まっていて物価変動で調整されて支給される)ので確定給付年金と呼ばれます。

 

  • 加入期間は20歳〜60歳まで
  • 国民年金(あるいは構成基礎年金)の保険料納入者(第3号被保険者を除く)
  • 掛金は上限額がある
  • 加入者の運用で年金額が変動
  • 掛金は増減できるが原則途中で解約不可(解約一時金は可能)

 

確定拠出年金は、自分の掛金を運用しながら積み立てる制度です。

公的年金の確定給付年金は現役の加入者の掛金と税金を運用して65歳以上の加入者に固定の年金を支給する制度です。

 

 

確定拠出年金のメリット

確定拠出年金には、以下のメリットがあります。

 

  • 掛金は全額非課税(課税所得400万円で掛金が月額23,000円は税金が年間84,000円戻る)
  • 通常20%が課税される運用益も非課税
  • 受給する年金は公的年金と同じ控除を受けられる
  • 一時金として受け取ると退職所得控除が受けられほとんど非課税になる
  • 数%かかる投資信託に比べ購入手数料が無料で運用管理手数料も低い
  • 60歳まで解約できないので確実に老後資金作りができる
  • 個人で口座を持つので転職してもそのまま継続できる
  • 上限はあるが掛金は増減できる

 

掛金の運用

掛金の運用は難しく考えられますが、加入する金融機関(銀行)、保険会社、証券会社などが用意している以下の様な商品を選ぶだけです。

 

  • 元本確保型(スーパー定期で運用)
  • MMF(安全性の高い債権中心の運用)
  • 国内株式投資信託
  • 国内債権投資信託
  • 外国株式投資信託
  • 外国株式(新興国)投資信託
  • 外国債権投資信託
  • 不動産投資信託REITなど

 

有利さの目安

例えば安全な原本確保型を選択しても下記の収益(税金の戻り)が見込めます。

 

  • 課税所得400万円の会社員が月額23,000円の掛け金で加入すると84,000戻る
  • 40年間加入すると掛金合計11,040,000円積立
  • 40年間に3,360,000円税金が戻る
  • この間の利率は約30%になる
  • 税の還付金を積み立てるともっと増やせる(上限値を超えれば確定拠出年金以外)

 

この目安は税金の還付ですので、収入の高い人が有利になります。

購入手数料や管理手数料が低いと言っても、収入の少ない主婦や自営業の方は収めている税金が少ないので全額控除されても税の還付は少なくなり有利さは減少します(残念ですが収入のない方にはメリットはないか少なくなります)。

 

 

加入者自身が運用しその収益で年金額が変わります!!
税制上非常に有利な制度で老後資金作りに有効です!!

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す