生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【認知症】最高裁判決と賠償責任

ライフステージごとの保険相談

【認知症】最高裁判決と賠償責任


自転車事故「老人と女学生」

 

認知症の人の家族の賠償責任についての最高裁の判決が出ました!!
2007年JR事故について家族の監督責任を認めませんでした!!

 

 

判決内容

愛知県で2007年認知症の高齢者(当時91歳)が徘徊中に電車にはねられて死亡した事故で、JR東海が家族に損害賠償を求めた裁判です。

一審と二審は、家族の監督責任を認めて約720万円(一審)と約360万円(二審)の賠償判決が出ていました。

 

最高裁判決は、以下の通りです。

 

  • 認知症の人と同居する家族というだけでは監督義務を負わない
  • 生活状況や介護の実態を総合的に考慮して監督可能か判断する
  • 今回の場合は家族が監督可能だったとは言えず賠償責任はない

 

認知症患者の損害賠償を無条件で家族が負うことはないとの判決は認知症高齢者が増加している現状にあった判決と考えられます。

今回はJR東海という大企業なので賠償が認められなくても問題ないと思われますが、被害者が個人の場合などの賠償がどうなるのか今後の課題です。

 

 

保険での対応

現時点では、保険での対処が現実的です。

自分が認知症の場合の保険対応には、以下があります。

 

  • 所定の要介護状態になった時に給付金を受け取る民間介護保険
  • 1ヶ月の上限負担額を超えると給付金を受け取る高額介護サービス費(公的介護保険)
  • 1年間の上限負担額を超えると給付金を受け取る高額医療・高額介護合算医療費制度(公的医療・介護保険)

 

家族が認知症の場合の保険対応には、以下があります。

 

  • 日常生活での損害賠償を行う個人賠償責任保険(民間保険)
  • 家族の介護で収入を補填する介護休業給付金(社会保険)

 

賠償範囲が広いことと保険料が安い(月額1,000円〜1,500円ぐらい)ことから個人賠償責任保険が有効です。

個人賠償責任保険は単独では加入できなく火災保険か自動車保険(任意保険)の特約として加入することに注意してください。

火災保険か自動車保険(任意保険)に加入している方は多いと思われますので自分の保険内容をチェックしてください。

2重に加入しても補償は1つなので2重に加入は無駄です。

 

 

認知症高齢者が増えていき賠償責任が求められる場合が出てきます!!
公的な対応が望まれますが現時点では個人賠償責任保険が有効です!!

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す