生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【生命保険】満期保険金にかかる税金

ライフステージごとの保険相談

【生命保険】満期保険金にかかる税金


()

 

満期が来て生命保険金を受け取ると税金がかかります!!
受取人と受取方法で税金の種類と税額が変わります!!

 

 

保険料の支払いと保険金の受取人が同じ「一時金で受け取るケース」

保険金を一時金で受け取ると税法上では「一時所得」になり所得税と住民税がかかります。

一時所得の課税額は、以下により計算します。

 

  • 保険金額から払い込んだ保険料の総額を引きます
  • この金額から50万円を控除してマイナスになれば一時所得が0になり税金も0です
  • この金額がプラスなら、その2分の1の金額を他の所得と合算して税額が決まります

 

5年以内満期の「一時払い養老保険」は保険金から払い込んだ保険料を引いた額の20.315%が税額となり、他の所得との合算はしません。

 

 

保険料の支払いと保険金の受取人が同じ「年金で受け取るケース」

保険金を年金として受け取ると雑所得となり所得税と住民税がかかります。

 

  • その年の年金額から相当する保険料を引きます
  • この金額を他の所得と合算して税額が決まります

 

給与所得及び退職所得以外の所得の合計が20万円以内であれば税金がかかりません。

 

 

保険料の支払いと保険金の受取人が違うケース

保険料の支払人が生存しているケースで贈与税がかかります。

 

  • 保険金(贈与金)から無税の110万円を引きます
  • この金額に相当する税率をかけてその額から控除額を引いて税額が決まります

 

保険金を一時払いあるいは年金で受け取ると保険料を経費として控除できます。

贈与になると贈与の非課税額の110万円だけが引かれます(別に控除額があります)。

贈与より「一時所得」あるいは「雑所得」が税金の面からは有利なので満期近くで保険料の支払人が生存していると予想される場合は、保険金の受取人を保険料の支払人に変更する方が税金の面からは有利になります。

 

 

保険金の受取人や受取方法で税種と税金が変わります!!
税金の種類と控除額を知り有利な方法を考えましょう!!

 

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す