生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【保険料】保険料が払い込めなく失効と保険の復活

ライフステージごとの保険相談

【保険料】保険料が払い込めなく失効と保険の復活


portrait of asian businesswoman on blue background

 

保険料を払い込めなく自動振替貸付制度も終わると保険契約は失効します!!
契約が失効しても一定期間(通常3年)であれば保険契約を復活できます!!

 

 

保険の失効

保険料の払込がないと保険契約は失効します。

 

  • 保険料の払い込み余裕期間(通常1ヶ月)が過ぎても払込がない
  • 保険料の自動振替貸付も終了(解約返戻金の残金がなくなった)

保険料の払込みがなくても、失効までは保険契約は有効で、保険料の払い込みをしていない期間でもその間の保険料と利息を減額して保険金が支払われます。

保険料の払込が困難になると保険契約者は、通常以下の方法を選択します。

 

  • 保険金を減額して保険料を低減して契約を継続
  • 解約返戻金で保険料の一時払いをして同じ保険期間を継続する払済保険(保険金は減額)
  • 解約返戻金で保険料の一時払い定期保険で同じ保障を継続する延長保険(保険期間が短縮)
  • 解約して解約返戻金を受領

 

これらの手続きを取らないで余裕期間が過ぎると保険契約は失効し、死亡等で保険金を受け取れなくなります。

 

 

保険契約の復活

加入していた保険契約が失効した場合でも、一定期間内(通常3年)であれば保険会社の承諾を得て、これまでの滞納保険料を払い込めば保険契約が有効になります(復活と言います)。

 

  • 保険契約の復活日

失効中の延滞保険料を払い込んだ日、または告知をした日の遅い方の日付で保険契約は復活(有効)になります。

 

  • 復活に必要な告知

保険契約の加入時と同様に告知が必要になり、保険会社の指定する医師の診断が必要になることがあります。

 

  • 復活ができないケース

解約返戻金を受け取ると保険契約は完了して復活できなくなります。

 

保険契約を有効にする復活が可能ですが新たに告知が必要になります!!
保険が復活しても通常2年以内に自殺すると保険金が支払われません!!

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す