生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【保険料】支払いが困難になっても継続する方法

ライフステージごとの保険相談

【保険料】支払いが困難になっても継続する方法


女性ー1

 

一時的に保険料の払い込みが困難になることがあります!!
今までの払い込みを無効にしない方法・対策があります!!

 

 

保険料の払い込みが困難になった場合の対策

出費が重なるなどで一時的に払い込みができない場合と退職などで長期的に困難になる場合があります。

一時的な場合は、翌月などに用意できれば継続できます。

長期的に保険料の払い込みが困難になる場合でも保険の解約に進む前に、いくつかの方法があるので良く検討して決めるのが保険を生かす方法です。

 

 

保険料の払い込みが一時的に困難な場合の対策に「自動振替貸付」

自動振替貸付は、保険料が払い込まれない場合に保険料を保険会社が立て替える制度で、基本的に手続きなしに自動で行われます。

 

  • 保険契約者が事前に「自動振替貸付」制度を使わないと申し入れていない
  • その保険の解約返戻金が未払い保険料と貸し付けた期間の利息の合計よりも多い

保険契約者は、貸付金を保険会社の決める利息を付けていつでも返済できます。

また、保険金の支払い事由が発生すれば、自動振替貸付期間中でも保険金は支払われますが借りた期間の利息分は差し引かれます。

 

 

長期的に保険料の払込が困難な場合の対策

お金が必要になった場合や退職などで長期的に保険料の払込が困難になった場合でも保険を継続する3つの方法があります。

 

  • 保険金を減額して保障を継続

保険料の支払額を減額するには、保険金を減額することで実行できます。

減額する部分を解約するもので一部解約にあたります。

解約する部分の解約返戻金があれば返還されます。

 

  • 解約返戻金で保険料の一時払いをして同じ保険期間を保障する払済保険(保険金は減額)

今まで払い込んできた保険の解約返戻金を一時払いの保険料として養老保険または今までと同種の保険に変更できる制度です。

保障期間は同じですが、保険金は少なくなります。

 

  • 解約返戻金で保険料の一時払い定期保険で同じ保障の延長保険(保険期間が短縮)

今まで払い込んできた保険の解約返戻金をもとに一時払いの定期保険に加入する制度です。

保険金は同じですが通常保険期間が短くなります。

 

 

経済事情により保険料の払い込みが困難でも保険を継続できることがあります!!
一時的なのか減額すれば良いのか全く払い込みできないかで方法が変わります!!

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す