生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【保険料】払込方法と余裕期間

ライフステージごとの保険相談

【保険料】払込方法と余裕期間


部屋でタブレットを見る女性

 

保険料の支払に複数の方法があり割引もあります!!
保険料の払込がなくても有効な猶予期間があります!!

 

 

被験料の払込方法

保険料の払込は、以下の3つの要素があり、それぞれどれにするか選択します。

 

  • 保険料の払込期間

以下の払込期間を指定します。

  • 払込方法

一時払いと前納があります。

一時払いは、保険期間中の全保険料を一時に払い込む方法です。

一時払いは、保険料の割引がありますが、払い込んだ年のみ税金の控除できます(保険期間でなく払い込んだ年のみ)。

また、死亡等により途中で保険金の支払いがあってもその後の保険料は戻りません。

前納は、将来の保険料をまとめてあらかじめ払い込む方法で保険料を預ける形になります。

保険会社では、払込期間ごとに保険料を差し引いていきます(利子分保険料の割引があります)。

保険の控除は、毎年あります。

また、死亡等により途中で保険金の支払いがあるとその後の保険料は戻ります。

  • 払込手段

払込手段は、以下から選択します。

 ☆ 保険契約者の口座から「自動口座振替」  ☆ 保険会社の支払い口座に「振替送金  ☆ 保険会社に直接支払う「持参払い」  ☆ 保険会社の集金人に支払う「集金」  ☆ 保険料の団体取引契約が結ばれている場合所属する団体を通じて支払う「団体扱い」

 

団体扱いが有利ですが、団体扱いでない場合は手数料がかからないのと払込ミスのない自動口座振替が便利です。

 

 

猶予期間

保険料は払込期日までに支払うのですが、何らかの理由で払込期日までに支払いしなくても即保険契約が無効になるわけではありません。

払込期日を過ぎて無効になるまでの期間を猶予期間と言います。

 

  • 月払いの場合は払込月の翌月初日から末日
  • 半年払いか年払いの場合は払込期日の翌月初日から翌々月の契約対応日まで

 

猶予期間中に被保険者が死亡した場合は、失効していないので未払い保険料を差し引いて保険金は支払われます。

余裕期間を過ぎると保険契約は失効し被保険者が死亡しても保険金は支払われません。

この時点で解約返戻金があれば、自動振替貸付制度で即失効になるわけではありません。

 

 

一時払いは変額保険などで使われ一般には前納が割引と節税から有利です!!
払込みが困難な場合は対策を立てることにして自動口座振替が便利です!!

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す