生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【生命保険】目的に合わせた保険選び

ライフステージごとの保険相談

【生命保険】目的に合わせた保険選び


リビングで座る家族

 

年齢に合わせて残された家族の必要な資金が変わります!!
長年の保険料と保険金(保障内容)のバランスが必要です!!

 

 

30歳ぐらいの若い家庭の生命保険

小さな子供のいる家庭で将来的にはマイホームを考えている年代です。

まだ、若い家庭なので預貯金にはあまり期待できず万一の場合に残された家族への保障は、生命保険でカバーすることになります。

収入が十分でない時期でもあり、子供の教育が終了するまでの間は定期保険に加入すると保険料が安く必要な保障が得られます。

定期保険は、保険料が安い分、終身保険に含まれる生存保険料が含まれていません。

 

  • 定期保険の保険料は、危険保険料+付加保険料
  • 終身保険や養老保険の保険料は、危険保険料+生存保険料+付加保険料

 

保険料の種類 内容
危険保険料 予定死亡率(1年間に死亡する割合)から計算した保険料
生存保険料 予定利率から計算された保険料で貯蓄保険料とも言われる
付加保険料 生命保険会社の運営に関わる費用(予定事業費率)からの保険料

 

 

マイホームを購入し教育に費用のかかる40歳ぐらいの家庭の保険料

マイホームを購入し子供が高校に入学し大学入学も見えてきた家庭で収入も増えていますが住宅ローンや教育資金の負担が大きくなる世代です。

 

大学卒業までは大きな負担が続きます。

保障は重要ですが、保険料を大きくすると日々の生活や教育資金の準備が苦しくなります。

子供の教育が終わる時期までは、保険料が安く保障が大きい定期保険への加入が有利です。

 

 

住宅ローンと教育資金に苦しい50歳ぐらいの家庭の保険料

自営業にしても会社員にしても、50歳を超えると収入が頭打ちあるいは50歳後半になると下がってくる例が多くなります。

子供の教育の終了が近く毎月の保険料を軽減したい場合は、保険金を下げて保険料を安くできます。

子供の教育が終われば、老後資金の形成に役に立つ個人年金保険を考える世代です。

 

 

保険料を下げるには保険料をまとめて支払うと割引があります!!
インターネットによる契約は保険料を安くすることができます!!

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す