生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【生命保険】保険の見直しのポイントと注意すること

ライフステージごとの保険相談

【生命保険】保険の見直しのポイントと注意すること


女性ポートレイト

 

良い保険が見つかれば既存の保険の見直をしましょう!!
見直しには中途変更などのいくつかの方法があります!!

 

 

保険を見直すときに注意すること

 保険を見直し、別の保険に新規加入する場合、以下の問題がないか注意が必要です。

 

  • 告知や医師の診断が必要で年をとるにつれ新規契約ができないことがあります
  • 一般に保険料が高くなるので保険料を継続して支払って行けるか
  • 以前の保険は今より予定利率が高いので貯蓄性のある保険はどちらが有利か考える

 

保険料を抑える保険の見直し

以下の見直しにより保険料を抑えることが可能になります。

 

  • 保障されている保障・特約が必要か内容を検討する
  • 子供の独立などにより必要でなくなった金額を必要な金額にする
  • 延長保険で養老保険から定期保険に切り替えると以降の保険料の支払いが不要になる

 

中途増額と特約の中途不可・変更

入社時に加入した保険は、結婚や出産で見直しが必要になります。

この際、新規契約をするよりも中途増額で保障を増やす方が解約・新規契約よりも一般には安くなります。

家族のライフステージに合わせて特約の中途不可や変更は、保険の見直しに効果的で、本人だけでなく家族全員の保障を考えましょう。

 

 

契約転換

契約転換は、同じ生命保険会社で、既存の保険の下取りをしてもらい解約返戻金や積立配当金などを新規に加入する保険料の支払いに充てる方法で、保険料の負担が軽くなります。

 

契約転換をする場合は、以下の注意が必要です。

 

  • 新規加入になるので、一般に予定利率が下がるので本当に有利か検討
  • 新規加入になるので、告知や医師の診断が必要
  • 加入時期が遅くなるので保険料が高くなる

 

保険料を抑えたい場合は、保障額を抑える払済保険、解約返戻金を元に定期保険に入り直す延長保険(この2つは保障を抑える分、以降の保険料の支払いが不要)、中途減額などの方法があります。

 

 

保険の見直しには保障を増やす場合と保険料を抑える場合があります!!
保障を増やす契約転換、支払いをなくす払済保険・延長保険があります!!

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す