生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【保険の常識】保険の非常識

ライフステージごとの保険相談

【保険の常識】保険の非常識


タブレットを見る女性

 

保険の常識・非常識があります!!
勘違いに注意して保険を知りましょう!!

 

 

保険がなくても貯金があれば大丈夫

貯金と保険の関係は、三角形と四角形で表されます。

 

  • 貯金は三角形

 貯金は、積立期間で積立額が増えていく3角形です。

近年は、低金利が続いているので積立学は直線的に増えていきます。

言い換えると初期には貯金額は少なく、この時期に何かあっても少ない貯金額では対応できません。

 

  • 保険は四角形

 保険は、加入時期に関係なく加入から終了まで補償額は同じです。

言い換えると保険に加入した初期時期でも保険をかけ続けた終了時期と同じ保障額を得ることができます。

 

以上を考えると若く貯金が少ない人ほど保険の必要性は大きいと言えます。

 

 

保障は大きいほど良いか

何かあったら心配と保険に入りすぎると保険料も高額になり家計が苦しくなります。

保険は、もしものときの備えとして、充実した生活資金、教育資金、住宅資金、老後資金などそれぞれに必要な資金の確保方法を早いライフステージに考えることが必要です。

保険ビンボーは避ける必要があります。

 

 

掛け捨ては損

保障があるだけの定期保険だけでなく、満期金やお祝い金を受け取ることができる貯める保険があります。

貯める保険は、保険料が高くなります。

高くなる保険料を定期保険に回すと大きな保障が得られます。

 

最初から同じ保険でなく、結婚、出産、家の購入、退職などのライフステージに保険を見直す必要があります。

 

 

保険が分かりにくい

保険は、大きく3つに分類できます。

 

  • 死んだときの保険(死亡保険)
  • 病気やケガ・介護の保険(医療保険・がん保険・介護保険など)
  • 貯める保険(個人年金保険・養老保険など)

 

以下を注意してください。

 

  • どんなときに保険金がもらえるか
  • 保険金や給付金はいくらか
  • 保証期間はいつまでか
  • 保険料はいつまでいくら払うのか(更新時に保険料が変わる保険もあります)

 

保険には保証やリスクへの対応など色々な種類と条件があります!!
誰にでも良い保険はないので自分にあった保険に入りましょう!!

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す