生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 様々な保険の種類 > 【公的健康保険】保険料と保障

様々な保険の種類

【公的健康保険】保険料と保障


女性

 

公的健康保険は誕生すると国民全員が加入します!!
複数の保険がありますが加入できるのは1つです!!

 

 

保険の種類

公的健康保険は、2つに分類されます。

 

  • 企業や自治体等に雇用されている従業員・公務員及びその家族が加入する職域保険

以下の3つの保険があります。

 

❐ 主に中小企業の従業員とその家族が加入する協会けんぽ

❐ 主に大企業の従業員及びその家族が加入する組合健保

❐ 公務員、私立学校の教職員などとその家族が加入する共済組合

 

  • 自営業者、職域保険に加入していない労働者、無職、年金生活者が加入する地域保健

以下の2つの保険があります。

 

❐ 74歳までが加入する国民保険

❐ 74歳以上が加入する後期高齢者医療制度

 

職域保険加入者も75歳になると後期高齢者医療制度に加入します。

必ずどれかの保険に加入しますが、加入できるのは1つに決まり選択できません(職域保険の退職者で転職して別の職域保険に加入しない場合は、国民健康保険か今までの保険の継続加入を選択できます)。

 

 

公的健康保険の状況

5つの健康保険の状況をしまします。

 

保険の種類加入者数平均年齢年間平均保険料年間医療費
国民健康保険3,397万人50.9歳8万3千円32万5千円
協会けんぽ3,564万人36.6歳20万9千円16万4千円
組合健保2,927万人34.3歳23万4千円14万6千円
共済組合891万人33.3歳25万3千円15万円
後期高齢者医療制度1,543万人82.1歳6万7千円93万円

 

職域保険の年間平均保険料には折半する事業主負担分を含みます。

地域保健は職域保険に比べると平均保険料は安いのですが、家族の多い方や収入のある方はそれなりに高額になります。

 

 

公的健康保険の保障

公的健康保険には以下の保障があります。

 

項目内容
医療費の自己負担小学入学前と70歳から75歳未満は2割、75歳以上は1割、その他は3割(小学生を除く現役並所得者は3割)
入院時食事療養費病気やけがで入院すると食事の給付を受けられ一定の負担で済みます
高額医療費1ヶ月の医療費の自己負担額が一定額を超えると超えた分が高額医療費として還付。1ヶ月の医療費100万円でも平均的所得者の自己負担は30万円でなく9万円弱程度で済みます
傷病手当金病気やけがで仕事を休み給与を受けられないときに一定の条件に基づいて支給(職域保険のみ)。最大1.6ヶ月間、標準月収の3分の2
出産育児一時金出産時に1児に付き一定額を支給。国民健康保険は1児につき42万円
出産手当金出産で会社を休み給与を受けられないときに一定の条件に基づいて支給(職域保険のみ)

 

 

公的医療保険は医療費の自己負担以外にも各種保障があります!!
差額ベット代など医療費以外は民間の医療保険で備えて下さい!!

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す