生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 様々な保険の種類 > 【終身保険】利率変動型終身保険

様々な保険の種類

【終身保険】利率変動型終身保険


指導員2

 

保険料は一定ですが金利が変わると保険金が増えます!!
金利が底の時代で今後金利が上昇すると有利になります!!

 

 

利率変動型終身保険

通常の生命保険は、契約時の予定利率が一定で、金利が変動しても変わりません。

利率変動型終身保険は、保険期間中に金利が変動すると予定利率も変動します。

将来金利が上昇すればその分保険金額が増えます。

今は、金利が非常に低い時代です。

しかし、アベノミクスが実現するとインフレ状態になり、インフレになると通常金利が上昇します。

アベノミクスの成否に関わりますが、金利が低い時期なので利率変動型終身保険の検討を勧めます。

 

 

メリットデメリット

利率変動型終身保険には、以下のメリット(リターン)とデメリット(リスク)があります。

 

種類 メリット デメリット
保険金額 増加の可能性がある 減額の可能性があるが最低保障がある
解約返戻金 増加の可能性がある 減額の可能性があるが最低保障がある

 

契約時に保険金と解約返戻金の最低保障を決めて、運用実績により増加分を受取ります。

最低保障があるのでリスクは少なくなります。

 

 

保険金と解約返戻金の目安

30歳男性が60歳払込終了の保険金額1,000万円の終身保険に加入した場合、最低積立利率が1.75%、保険料が月額21,336円の利率変動型終身保険に加入し、1%金利が上昇した場合の増加の目安を下表に示します。

 

年齢 払込保険料 保険金増加分 解約返戻金増加分
40歳 2,560,320円 18万円 11万円
50歳 5,120,640円 75万円 49万円
60歳 7,680,960円 169万円 125万円
70歳 7,680,960円 289万円 237万円

 

 

契約時にいきなり1%の金利の上昇はないのですが、目安としてみてください!!
アベノミクスが達成してインフレになると増加分も大きくなり有利と言えます!!

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す