生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 様々な保険の種類 > 【3大成人病保障保険】加入のポイント

様々な保険の種類

【3大成人病保障保険】加入のポイント


診断

 

日本人は、ガン、心臓病、脳卒中で死因の6割になります!!
この3大成人病を保障する特定疾病保障保険が注目されます!!

 

 

3大成人病保障保険

3大成人病保障保険は、日本人に多い以下の治療費を保障する特定疾病保障保険です。

  • ガン
  • 脳血管疾患(脳卒中)
  • 心臓病(急性心筋梗塞)

被保険者が所定の状態になった場合に死亡時と同額の保険金が一括して支払われます。

生存中に保険金が支払われるので治療費としても、生活費としても使うことのできる保険です。

保険期間に応じて2つのタイプがあります。

  • 一生涯にわたり保障を受けられる終身保険
  • 最長80歳ぐらいまでの一定期間を保障する定期保険

保険金を受け取っていない場合は、3大成人病以外で死亡した場合でも死亡保険金が支払われます。

死亡に備えるだけでなく、3大成人病にかかった場合に生存中の保険として注目されています。

住宅ローンの団体信用生命保険に加入し医療保障を手厚くしたい場合は、「3大成人病保障特約付団体信用生命保険」に加入できます。

 

 

保険料

3大成人病保障保険の保険料は、定期保険や終身保険よりも割高です。

成人病にかかる確率は年齢とともに高まるので保障期間で更新する定期型よりも終身型の方が保険料の支払い総額は安く抑えることが可能です。

 

 

加入のポイント

3大成人病保障保険に加入するには、以下を検討してからになります。

  • 死亡保障に加えてさらに保障を手厚くする保険です
  • 定期保険や終身保険に比べて保障が手厚い分保険料は割高です
  • 60代以降の高年齢層に保障が必要なので定期型より終身型が保険料を安く抑えられます
  • 保険対象が決まっているので保険金の支払い条件が厳しくなっています

 

保険金支払い条件

3大成人病保障保険の支払い条件は、以下のようになっています。

  • ガンは、保険加入後に初めてかかったことの診断書が前提です
  • 急性心筋梗塞は、診断を受けた日から60日経過した時点で「引き続き労働の制限が必要」の診断された時に保険金が支払われます
  • 脳卒中は、診断を受けた日から60日経過した時点で後遺症の診断をされた時に保険金が支払われます

 

3大成人病は日本人の死因の6割を占める誰もがかかりやすい病気です!!
生前給付型の保険ですが保険料が割高で支払条件も厳しくなっています!!

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す