生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 様々な保険の種類 > 【火災保険は住まいの保険】保険の支払い例

様々な保険の種類

【火災保険は住まいの保険】保険の支払い例


婦警

 

火災保険は補償範囲の広い住まいの保険です!!
火災だけでなく自然災害や日常のリスクを補償します!!

 

 

火災、落雷、破裂、爆発の補償

家財を保険の対象にすると落雷で家が火事になったときだけでなく落雷の影響で過電流が流れパソコンが故障したときも補償されます

ガス爆発で建物や家財が損害を受けたときも補償されます。

「放火」、「失火」、「延焼」の場合も補償されます。

 

落雷でノートパソコン2台が不調になった場合(被害額255,000円)では、損害保険金255,000円に臨時費用76,500円が支払われました(諸費用補償特約を付けていた場合)。

 

 

風采・ひょう災・雪災

台風や雪の多い土地が多くリスクの高い災害を補償します。台風で屋根が飛ばされた、大雪で屋根が壊れ部屋の家財が壊れた場合などが補償されます。

 

台風の強風で屋根の雨どいが外れ修理が必要になった(被害額175,000円)では、損害保険金175,000円に臨時費用52,500円が支払われました(諸費用補償特約を付けていた場合)。

 

 

水害・水ぬれ

集中豪雨で家が水浸しになった、床上浸水で家財が使えなくなった、土砂崩れで家が流された場合などが補償されます。

 

給排水設備に発生した事故などによる水ぬれ災害を補償します。

給排水管が壊れて部屋の家財が水浸しになった、畳や絨毯の張替えが必要になった場合などが補償されます。

 

洗濯機から漏れた水で床に被害が発生した(被害額650,000円)場合などでは、損害保険金650,000円、臨時費用195,000円、跡かたずけ費用51,000円、合計で896,000円が支払われました(諸費用補償特約を付けていた場合)。

 

 

物体の落下・飛来・衝突、集団行動などによる破壊

家に自動車がぶつかってきた、集団行動に伴う暴力加配行為などの損害、看板が落ちて屋根が壊れたなどが補償されます。

 

 

盗難、盗難による破損・汚損

盗難による建物の損傷・汚損、家財の盗難による損害、泥棒にガラスを割られた場合などが補償されます。

現金が盗まれた場合は、1事故の限度額が決められていてその範囲内で補償されます。

 

 

偶然な事故による破損・汚損など

誤って時滝を壊したり傷をつけたり、外壁にいたずら書きをされた、子供が窓ガラスを割ったなどの偶然や不注意により発生した損害が補償されます。

 

火災保険は泥棒に入られたり自動車で家が壊されたり、水ぬれなども補償されます!!
いろいろな補償を選べるので土地や建物のリスクを整理して重点となる対象決めます!!

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す