生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 様々な保険の種類 > 【生命保険】生前給付されるリビングニーズ特約

様々な保険の種類

【生命保険】生前給付されるリビングニーズ特約


/

 

末期症状と診断されると生前給付が受けられます!!
人生最後のときに経済的な不安なしにおくれます!!

 

 

リビングニーズ特約

被保険者が医師に余命6ヶ月と診断された場合に死亡保険金の一部を生前に受けることができる特約です。

 

死亡保険金の内、最大3,000万円を生前給付金として保険会社に請求できます。

保険会社は、死亡時に死亡保険金から生前給付金と6ヶ月間の利息と保険料を差引き、残った額を保険金として支払います。

 

リビングニーズ特約の保険料は、無料です。

リビングニーズ特約は、生命保険についていますが、15年前ぐらいに契約した古い保険には付いていないこともあるので確認が必要です。

リビングニーズ特約が付いていない場合は、ほとんどの生命保険に無料で付けれます。

 

 

リビングニーズ特約の内容

リビングニーズ特約は、以下の内容があります。

 

  • 医師から余命6ヶ月と診断されると死亡保険金の一部を生前に受取れます
  • 全ての病気・ケガが対象です
  • 6ヶ月過ぎても生存していても生前給付金は返す必要はありません
  • この特約の保険料は無料です
  • 生前給付金の最大は3,000万円です(死亡保険金が高額でも3,000万円までです)
  • 3,000万円以内であれば必要な額を請求できます
  • 死亡保険金が3,000万円以内であればその死亡保険金が上限です
  • 死亡保険金と生前給付金の差額は保険として有効で差額の保険料の支払いが必要です
  • 生前給付金は何にでも使えます(使用制限はありません)

 

 

生前給付金の税金

生前給付金を被保険者が受け取る場合は、非課税です

その後死亡した場合、残った金額と死亡保険金は、相続税の対象になります。

死亡保険金は、500万円×法定相続人数が非課税になります。

現金で残す場合よりも保険金として残した方が税金から見ると有利ですので、生前に使う金額だけを生前給付金として請求するのが良いと思います。

 

生前給付金は末期に経済的不安なしに人生を終える有利な特約です!!
税金から見ると遺族に保険料として残した方が節税でき有利です!!

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す