生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【生命保険】相続税

【生命保険】相続税


軽イラスト

 

遺族が保険金を受取ると非課税枠を引いた額に相続税がかかります!!
保険金単独ではなく他の財産すべてを合算して相続税がかかります!!

 

 

相続額

相続税は、以下で計算できます。

 

  • 生命保険の保険金
  • その他の財産
  • 負債があれば減額
  • 葬儀費用を減額
  • 生命保険の非課税枠が控除
  • 相続の基礎控除
  • 配偶者には税額軽減

 

負債が多く相続額がマイナスになれば死後3か月以内であれば家庭裁判所で手続きをして相続放棄ができます。

相続額(相続税)を減らすためにアパート建設などで借金をして負債を増やすケースがありますが立地・需要によるので負債を増やす(相続税を減らす)のは慎重に検討してからが必要です(相続税は減るがそれ以上に相続額自体も減ることがあります)。

 

 

生命保険の非課税枠

生命保険金を相続した場合は、法定相続人数に500万円をかけた額が非課税枠になり相続する保険金から引かれます。

非課税枠は貯蓄などにはなく、生命保険は相続税から見ると有利です。

 

 

相続の基礎控除

以下の額が基礎控除として相続財産(非課税枠を引いた保険金も含む)から控除されます。

3,000万円に法定相続人数に600万円をかけた額を加えた額が基礎控除額です。

 

 

配偶者税額軽減

以下の金額の多い方が配偶者の相続財産から控除されます。

 

  • 1億6千万円
  • 配偶者の法定相続分相当額(相続税の対象相続の2分の1)

 

 

相続税法の改定があり2015年から相続税のかかるケースが多くなりました!!
相続には控除があり配偶者にはよほど財産(億円)が多くないとかかりません!!

 

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す