生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【生命保険】定期保険と税金

【生命保険】定期保険と税金


自動車 家族 ファミリー

 

死亡保険ですが途中で解約することもあります!!
解約返戻金を受け取ると一時所得になります!!

 

 

定期保険のお金の受け取り

定期保険は死亡保険なので保険契約者とは別に、通常は相続人の受取人を指定します。

受取人が相続人の場合は、相続税がかかります。

 

定期保険で解約返戻金がある場合は、契約者が受け取るので一時所得になります。

定期保険でも保険期間が長いと若い内の保険料はその年齢の保険料よりも高くなり解約返戻金があります。

逆に保険期間の後半では、その年齢よりも保険料は高く前半に積み立てた解約返戻金を取り崩して行き、満期でゼロになります。

 

 

解約返戻金を受け取った場合の税金

解約返戻金を受け取ると解約返戻金は一時所得になり、他の所得と合算して税金がかかります。

 

  • 所得税
  • 復興特別所得税
  • 住民税

 

一時所得の課税対象額は以下で計算できます。

解約返戻金 — それまでに払い込んだ保険料 — 特別控除の50万円から計算された金額の2分の1です。

定期保険の解約返戻金は大きな額ではないので税金はかからないと思います。

 

 

死亡保険金として受け取った場合の税金

被保険者(夫)が死亡して受取人(法定相続人)が保険金を受け取ると相続税がかかります。

相続税には、法定相続人数に500万円をかけた金額が控除され妻と子供2人の場合は1,500万円を引いた額が相続税の対象になります。

夫の両親が生存している場合は、法定相続人は5人となり2,500万円が控除されます。

 

妻と子供2人の場合、保険の相続対象額の1,500万円に他の相続額を加えた額が3,000万円に法定相続人(この場合は3人)に600万円をかけた額の4,800万円(非課税枠)を超える場合は相続税の対象になります。

相続に土地建物の不動産がある場合は、不動産相続の控除があります。

 

 

保険金の相続には保険の非課税枠があります!!
保険金の相続税は貯蓄の相続税より有利です!!

 

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す