生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【生命保険】養老保険と税金

【生命保険】養老保険と税金


ノートパソコン・若い女性

 

保険期間中に死亡すると死亡保険金の税金がかかります!!
保険期間終了し満期を迎えると満期保険金の税金がかります!!

 

 

満期保険金を受け取る時にかかる税金

受け取り方法により税金が変わります。

 

  • 一時金で受け取るケースは一時所得

一時所得の課税対象額を以下で計算して他の所得と合算して税額が決まります。

課税対象額は、満期保険金—支払済保険料の合計—特別控除額の50万円の2分の1です。

保険金全体が課税対象でなく、支払済保険料が経費として差し引かれる(その2分の1)ので通常税額はそう高額にはなりません。

 

  • 年金で受け取るケースは雑所得

年金額からこの年金額に相当する保険料を経費として控除(差し引き)した額に他の所得と合算して税額が決まります。

年金に相当する保険料を経費として控除できるので通常税額はそう高額にはなりません。

 

 

死亡保険金を受け取る時にかかる税金

死亡保険金を法定相続人が受け取る場合は、以下の非課税枠があります。

法定相続人が複数いる場合で高額でない保険金には通常税金がかからないか、かかってもそう高額にはなりません。

非課税額は法定相続人数に500万円をかけた額です。

保険の非課税枠以外に相続税の非課税枠(基礎控除額3,000万円に法定相続人数に600万円をかけた額です)。

 

 

一時払い養老保険にかかる税金

一時払い養老保険は、期間が5年以内か5年を超えるかでかかる税金が変わります。

 

  • 期間が5年以内

貯金と同じ分離課税となり20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)の額が源泉徴収(分離課税)され、他の所得とは関係ありません。

 

  • 期間が5年を超える

この場合は、一時所得になり他の所得と合算(総合課税)して税額が決まります。

一時所得の課税対象額は、上記を参照してください。

 

  • 期間が5年超えで5年以内に解約した場合

分離課税となり20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)の額が源泉徴収され、他の所得とは関係ありません。

 

 

養老保険は死亡保険金か満期保険金のどちらかを受け取ります!!
税率が20%を超える高額所得者は分離課税も有利になります!!

 

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す