生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【生命保険と税金】保険料の控除

【生命保険と税金】保険料の控除


確定申告書 ボールペン 電卓

 

保険料には所得税と住民税が安くなる税額控除があります!!
勤めていれば年末調整、個人の場合は確定申告で戻ります!!

 

 

控除される税金(節税)

年内に支払った保険料から保険会社から戻された金額を差し引いた額が控除額を計算する元の金額になります。

保険の加入時期により控除される額が変わります。

 

  • 平成24年1月1日以降に加入した生命保険
  • 平成23年12月31日以前に加入した生命保険

 

2つの期間に加入した生命保険がある場合でも、合計控除額は以下になります。

 

  • 所得税で最高12万円
  • 住民税で最高8万4,000円

 

平成24年1月1日以降に加入した生命保険

控除の対象は、以下の3つの保険です。

 

  • 生命保険
  • 個人年金保険
  • 介護医療保険

 

それぞれの控除額は以下になります。

各保険の最大控除額は4万円で3つの保険が対象なので合計すると所得税で12万円になります。

 

  • 所得税の控除額

所得税の控除額は以下になります。

 

年間保険料 控除額
2万円以下 支払った保険料
これを超え4万円以下 保険料の2分の1に1万円を加算
これを超え8万円以下 保険料の4分の1に2万円を加算
8万円を超える保険料 一律4万円

 

  • 所得税の控除額

住民税の控除額は以下になります。

 

年間保険料 控除額
1万2,000円以下 支払った保険料
これを超え3万2,000円以下 保険料の2分の1に6,000円を加算
これを超え5万6,000円以下 保険料の4分の1に1万4,000円を加算
5万6,000円を超える保険料 一律2万8,000円

 

 

平成23年12月31日以降に加入した生命保険

控除の対象は、以下の2つの保険です。

 

  • 生命保険
  • 個人年金保険

 

それぞれの控除額は以下になります。

 

  • 所得税の控除額

所得税の控除額は以下になります。

 

年間保険料 控除額
2万5,000円以下 支払った保険料
これを超え5万円以下 保険料の2分の1に1万2,500円を加算
これを超え10万円以下 保険料の4分の1に2万5,000円を加算
10万円を超える保険料 一律5万円

 

  • 所得税の控除額

住民税の控除額は以下になります。

 

年間保険料 控除額
1万5,000円以下 支払った保険料
これを超え4万円以下 保険料の2分の1に7,500円を加算
これを超え7万円以下 保険料の4分の1に1万7,500円を加算
7万円を超える保険料 一律3万5,000円

 

 

保険料を支払うと所得税と住民税が安くなります!!
年末調整・確定申告をすると税金が安くなります!!

 

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す