生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【生命保険】死亡保険金にかかる税金

【生命保険】死亡保険金にかかる税金


()

 

契約のしかたで死亡保険金にかかる税金が変わります!!
一時金で受け取るか年金で受け取るかでも変わります!!

 

 

死亡保険金にかかる税金の種類

保険契約者、被保険者、保険金受取人により税金の種類は、以下のようになります。

 

保険契約者 被保険者 保険金受取人 税金の種類
所得税・法人税
相続税
贈与税

 

 

夫が妻に保険をかけ夫が一時金で受け取るケース

一時金は一時所得になり保険金に所得税と住民税がかかります。

一時所得は、保険金から払い込んだ保険料の総額を引き、さらに特別控除50万円を引いた額の2分の1が課税所得になります。

払い込んだ保険料の総額が経費になるので税金はそう高額になりません。

 

 

夫が妻に保険をかけ夫が年金で受け取るケース

年金は雑所得になり保険金に所得税と住民税がかかります。

雑所得は、年金額からその年金額に相当する保険料を控除した額が課税対象額になります。

年金が源泉徴収されている場合は、確定申告をすると税金が還付される可能性があります。

 

 

夫が自分に保険をかけ妻が受け取るケース

法定相続人数に500万円をかけた額が非課税になります。

保険金がこの額を超えても基礎控除3,000万円と法定相続人数に600万円をかけた額の合計が控除されます(保険金だけでなく相続総額についてです)。

子供がなくても基礎控除額3,000万円、法定相続人数(1人)600万円、保険金非課税額500万円の4,100万円までは税金はかかりません。

保険には、保険の控除があるので税金面からは有利です。

 

 

夫が妻に保険をかけ子が受け取るケース

夫が生存しているので贈与税がかかります。

贈与税は、保険金から110万円を引いた額に贈与額による税率をかけそこから贈与額による控除額が引かれ贈与税になります。

 

 

保険金を贈与で受け取ると税額が大きく相続税に比べて不利になります!!
2015年から相続税の控除額が減ったので保険の非課税枠は有利です!!

 

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す