生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【介護保険】要支援サービスの一部を地域(市町村)に移行

【介護保険】要支援サービスの一部を地域(市町村)に移行


日本地図テキスト

 

高齢化が進展し介護サービス費用を抑える必要になってきています!!
将来的に介護が必要になる要支援向けサービスが変わります!!

 

 

要支援

要支援は、以下の2つがあります。

 

  • 要支援1

 掃除などの身の回りの世話の一部に手助けが必要で排泄や食事はほとんど自分でできる生活レベルです。

 

  • 要支援2

 要支援1の状態から日常生活動作の能力が低下し、なんらかの支援又は部分的な介護が必要な生活レベルです。

 

 

要支援向けサービス

要支援向けの高齢者向けの介護サービスには、以下があります。

 

  • 訪問介護(ホームヘルプ)

 入浴、排泄、洗濯、調理の支援を行います。

 

  • 通所介護デイサービス

 食事、入浴、日常生活動作訓練などを行います。

 

  • 訪問看護

 病状の観察や判断、薬の管理を行います。

 

  • リハビリテーション

 筋力・体力の維持、歩行訓練などを行います。

 

  • 訪問入浴介護

 浴槽を積んだ入浴者で入浴支援を行います。

 

  • 福祉用具の貸与

 車いす、ベッド、歩行器の貸し出しを行います。

 

 

要支援サービスの変更

介護サービスは、国の基準を基に全国どこでも同じサービスを同じ金額で受けられます。

サービス内容は変更なく、介護サービスの提供が市町村に移ります。

今回、サービスが市町村に移るのは、以下のサービスです。

 

  • 訪問介護(ホームヘルプ)
  • 通所介護デイサービス

 

移行期限は、2018年3月末で2017年4月までには始める必要があります。

サービスは、以下の理由で介護保険から市町村に移ります。

 

  • コストの抑制

 市町村がサービスの内容を自由に決め、地域のNPOやボランティアも参加しコストを抑えます。

介護保険と同じサービスは、原則1割の自己負担です。

自治体が新たに始めるサービスの利用料は、自治体が決めます。

 

  • サービスの利用者の広がり

 要介護認定を受けていない人でも、生活機能が低下するリスクがあればサービスを受けることができます。

要支援認定者以外は、市町村の窓口で生活習慣などの25項目の質問に「はい」、「いいえ」で答えます。

市町村は、この質問の回答からリスクを判断しサービスを受けられるか決めます。

 

要支援サービスを広げながらコストを抑える政策です!!
地域の協力がサービスの質を高めるキーになりそうです!!

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す