生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【医療保険】医療保険のQ&A

【医療保険】医療保険のQ&A


苦悩する男性

 

医療保険は病気やケガをした時に補償される保険です!!
ガン保険、特定疾病補償保険も医療保険です!!

 

 

医療保険とガン保険

医療保険とガン保険は、別々に加入していました。

近年入院期間が少なくなっていることや医療保険の特約でガンを手厚く備えることなどができガンも医療保険で備える人が増えています。

 

 

入金給付金の支払い上限

入金旧フィキンの支払い日数には上限があります。

保険により1入院あたり60日、120日、180日などあります。

支払い日数も通算1,000日などの上限があります。

 

 

保険期間

一定期間の保障を更新していく定期タイプと一生涯を保障する終身タイプがあります。

定期タイプは最初の保険料が安いのですが、更新時に保険料が上がります。

終身タイプは、保険料は変わりません。

 

 

保険料の支払い期間

一生涯保険料を支払い続ける対応と60歳または65歳で保険料の支払いが終了するタイプがあります。

一生涯保険料を支払い続けるのは老後資金にしわ寄せがあるので保険料は高くなりますが期間限定の終身タイプが有利です。

 

 

入院費の目安

実際に負担した入院費の平均は、2013年で22万7000円ぐらいです。

一番多いのは

10万円〜20万円未満の35.3%です。

50万円以上も10%あります。

 

 

差額ベット代

大部屋に入院する場合は、差額ベット代は必要ありません。

個室や少人数の病室を希望すると大部屋との差額料金を差額ベット代として自己負担(公的保険の適用外です)になります。

 

1日あたりの差額ベット代の平均は、2012年で以下のようになります。

  • 個室は、7,478円
  • 2人部屋は、3,043円
  • 3人部屋は、2,704円
  • 4人部屋は、2,325円

大病院や大学病院の差額ベット代は、数万円かかると考えておいてください。

 

 

医療保険の選択

一般の病気やケガより重病への備えを手厚くする必要があります。

ベースの医療保険にガン保険や特定疾病保険の特約に加入するのが保険料を安く抑え保障を手厚くすることができます。

 

 

先進医療特約

公的保険の適用にならない先進医療(適用になる先進医療もあります)は、全額自己負担で数百万円になることもあります。

先進医療の条件がきつく実際に先進医療を受けるケースは多くないと言われますが、受けた場合高額になることと保険料が月100円ぐらいなので先進医療特約に加入を勧めます。

 

 

発病後の医療保険への加入

病歴があると健康な人より割高な保険料になることや告知した病気が保険の適用外になることがあります。

年齢に従い保険料が高くなるので若い内に保険に加入することを勧めます。

 

保険には色々な種類やケースがあります!!
保障に絞ることが保険料を減らすコツです!!

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す