生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【脳の活性化】ランニングは脳にも効果的

【脳の活性化】ランニングは脳にも効果的


 

ランニングは骨や筋肉が強化されダイエットにもなります!!
ランニングは脳を活性化させ仕事や学習の効果をアップします!!

 

 

ランニングと脳の活性化

ランニングをすると脳の機能が向上することが示されています。

これが脳に快さを感じさせ、続けることで快さが継続します。

ある期間継続して運動すると続けやすくなります。

 

ランニングは、大脳辺緑系の海馬の神経細胞が新生することが分かっています。

海馬は、学習や記憶などの認知機能を担っています。

運動は海馬を活性化させ、記憶力や認知力が向上します。

 

 

海馬

海馬は、タツノオトシゴのような形をしている大脳辺緑系の一部です。

特徴的な層構造をしていて脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の期間です。

アルツハイマー病の最初の病変部位になります。

心理的ストレスを長期間受け続けると海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮します。

うつ病患者に見られる病症です。

ランニングにより脳の萎縮のリハビリになります。

 

 

ランニングの強さと活性化される脳の部位

ランニングの強度により活性化される脳の部位は異なります。

 

ランニングの強度 活性化される脳の部位 効果
海馬 記憶力・認知力
46野 集中力・判断力
視床下部 ストレス

 

人の脳は、52の部分から構成されています。46野破集中力・判断力に係る部位です。

 

海馬に効果的なランニング強度の「低」は、1分間90〜100ぐらいの心拍数になる比較的軽い運動でも効果があります。

このレベルは、早く歩く程度のジョギングを10分ぐらい行う程度です。

 

2週間続ければ脳神経が増え、6週間で認知機能が向上することが示されています。

 

 

人間の脳細胞は生まれた時がピークでその後減って行くと考えられていました!!
1990年以降は良い環境であれば脳は発達することが示されています!!

 

 

キャッシュバックキャンペーン
口コミから探す 検討中会社から探す 全国地域から探す